お酒 強い

お酒が強い人って弱い人と何が違うの?

お酒が強い人はなんで強いのでしょうか?

 

答えは、

 

生まれつき酒が強いから

 

ということになります。

 

 

虎はなんで強いのか?という問の答えが、

 

虎は生まれつき強いから

 

というのと同じです。

 

酒が強いやつって、ALDH2というアルコール分解酵素の量が生まれつき多いんです。

 

だから、いくら酒を飲んでもすぐにアセトアルデヒドという毒素を分解できるのです。

 

このアセトアルデヒドが体内に残って分解されないから、頭痛や吐き気が起こります。

 

 

この毒を素早く分解できるALDH2の量により、酒が強いか弱いかが決まります。

 

そして、そのALDH2の量は生まれつき決まっております。

 

だから、ALDH2の量が生まれつき少ない人間は酒を呑むことを諦めるしかないのですよ。。。

 

 

はい。

 

でもね、それじゃあ納得出来ないんですよ、酒が飲めない人間は。

 

私もかつては酒が飲めませんでした。

 

生中を半分ぐらい飲んで顔は真っ赤、気持ち悪くなって吐くこともしばしば。

 

 

もうね、恨みましたよ、親の遺伝子を。

 

仕事はできるのに、俺より仕事ができないアイツが飲み会で上司に好かれて出世していく。

 

そんなことは何度も体験してきました。

 

酒が飲めないし、合コンにも参加できないし。

 

もう、酒が飲めないせいで人生お先真っ暗でしたよ。

 

 

もちろん指をくわえて黙ってたわけじゃないです。

 

毎日浴びるほど無理やり酒を飲んで鍛えようとしたこともあります。

 

でも、健康診断で引っかかるだけで強くはなりませんでした。

 

ただ、中には酒を飲みまくって肝臓を鍛えることで強くなる人もいるようです。

 

その具体的な方法はこちら。

 

アルコール分解酵素を無理やり増やす禁断の方法はこちら

 

 

PS.

 

私は、鍛えても飲めるようになりませんでしたが、それでも人生を諦めることができずに、毎日ネットで酒が飲めるようになる方法を探し漁りました。

 

で、ある日見つけたのです。

 

ある方法を実践すれば、酒が飲めるようになるという方法を。

 

結果的に飲めるようになったのですが、その奇跡の方法の詳細は以下の記事をご覧ください。

 

アルコールが飲めなかった私がお酒を飲めるようになった奇跡の方法はこちら