アルコール 分解酵素

アルコールの分解酵素は増やすことができるの?

アルコールの分解酵素は生まれつき決まっています。

 

一部例外はありますが、だいたい後天的に変えることはできません。

 

ただ、増やせないこともないようです。

 

その方法は後ほど紹介します。

 

ここではまず最初に、人がお酒を飲むとどのように分解されるかをみてみましょう。

 

 

アルコール

 

 

アセトアルデヒド

 

 

酢酸

 

 

水、二酸化炭素

 

 

まず、お酒を飲むと、アルコールは肝臓でアセトアルデヒドという物質に変わります。

 

このアセトアルデヒドってやつが厄介で、毒性があり、悪酔いや二日酔いなどの原因となります。

 

ただ、アセトアルデヒドは、アルデヒド脱水素酵素(ALDH)という酵素によって、体に害を成さない酢酸に分解されます。

 

で、その酢酸は、最終的に水と二酸化炭素に分解されます。

 

ここで重要なのが、ALDH2というアルコール分解酵素です。

 

ALDH2の働きが弱いと有害なアセトアルデヒドを分解できないため、少量のアルコールを飲んでも吐いたり頭痛がしたりします。

 

ALDH2を増やす方法

 

下戸とまではいかないでも、酒が弱かった友達でいつの間にか飲めるようになってた奴がいます。

 

それも5人ほどいます。

 

友達は何度も吐いて飲んでを繰り返しているうちに飲めるようになったみたいです。

 

 

吐いて飲んでを繰り返して強くなったというのは医学的にも本当らしいです。

 

実は、アセトアルデヒドはミクロゾームエタノール酸化酵素(MEOS)という酵素でもある程度分解されます。

 

このMEOSは、鍛えることによってその力が強くなるのです。

 

お酒が飲めなかった人が日々鍛えていたら強くなったという状態はあり得るということ。

 

 

ただし!MEOSは数週間お酒をやめていると元の状態に戻ってしまいます。

 

しかも、MEOSを使いすぎると肝障害を起こしやすくなるとも言われています。

 

なので、元々飲めない体質の人が鍛えて飲めるようになるのは危険なのです。

 

PS.

 

ちなみに私は、ほとんどお酒は飲めませんでした。

 

ビール1/3で真っ赤だったのが、今ではけっこう強いです。

 

この記事の方法とは違う方法で飲めるようになりました。

 

アルコールが飲めなかった私がお酒を飲めるようになった奇跡の方法はこちら