酒 強くなる酵素

酒が強くなる酵素をご紹介します!

酒が強くなる酵素をご存知ですか?

 

アルコール及びアセトアルデヒドの分解を早くする酵素のことです。

 

 

酒が強くなるというか、早く酔いが覚めるということです。

 

アルコールを分解する酵素は2つあります。

 

1.アルコールを分解する脱水素酵素(ADH)

 

2.アセトアルデヒド分解する脱水素酵素(ALDH)

 

上記の2つ。

 

アルコールが人体で分解されるには以下のような流れが必要です。

・アルコールを分解する

 

 

・アセトアルデヒドを分解する

 

 

・酢酸を分解する

 

 

・水分・尿として体外に排出

このような流れになります。

 

この中で重要なのが、アルコールの分解とアセトアルデヒドの分解です。

 

アルコールの分解は事前に対策することで促進することができます。

 

アセトアルデヒドの分解は飲んでる最中や飲んだ後の対策が重要です。

 

飲み会対策

 

アルコールを素早く分解し、血中アルコール濃度を下げることで二日酔いを防止します。

 

アルコール脱水素酵素(ADH)を活性化させるか、 肝臓そのものの働きを活性化させることが悪酔い及び二日酔いを防ぐ方法です。

 

飲み会の基本的な対策は以下の記事で詳しく書いています。

 

飲み会に参加する時の対処法!

 

で、最も重要なのがアセトアルデヒドの分解です。

 

アルコールを分解して変化したアセトアルデヒド。

 

これが頭痛、吐き気、悪酔い、二日酔いの元凶です。

 

 

これらを防ぐには、アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)の働きを高める必要があります。

 

日本人の約50%はのこアセトアルデヒドを分解する酵素が少ないようです。

 

このサイトを見てるということはあなたもその50%に入ってるのではないでしょうか?

 

でも、ご安心下さい。

 

アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)の働きは対策をすれば高めること可能です。

 

手っ取り早いのが、サプリですね。

 

酒が強くなるサプリメントの効果をまとめた記事はこちら

 

手軽に試せるので便利なグッツです。

 

また、酒を鍛えて無理やり飲めるようにする方法もあります。

 

無理やり酒を強くする方法はこちら

 

ただ、これはおすすめできませんが(汗)

 

 

PS.

 

かくいう私も日本人の飲めない50%の中の一人でした。

 

でも今はそこそこ飲めるようになりました。

 

それも簡単な方法で。

 

詳しくは以下の記事を見て下さい。

 

アルコールが飲めなかった私がお酒を飲めるようになった奇跡の方法はこちら