アルコール パッチテスト

アルコールパッチテストのやり方を紹介!

アルコールパッチテストをやればお酒が強いか弱いかが解ります。

 

やり方は簡単なので、一度お試しください。

 

では早速やっていみましょう。

 

アルコールパッチテストの方法

 

1. ガーゼ付きの絆創膏(薬剤なし)に、市販の消毒用アルコールを、2〜3滴しみこませます。

 

2. 消毒用アルコールをしみ込ませた絆創膏を上腕の内側に貼ります。

 

3. 7分経過したら絆創膏をはがします。

 

4.はがしたてすぐに、ガーゼが当たっていた部分の肌の色を覚えておきます。(結果は後ほど)

 

5. はがしてから、さらに10分後に、もう一度肌の色を覚えておきます。(結果は後ほど)

 

アルコールパッチテストの判定

 

ALDH2活性型

 

肌の色に変化なし

 

ガーゼをはがした部分が赤くなっていない人は、ALDH2酵素が、正常に働いています。

 

つまり、体内でアルコールを分解する力が強いタイプです。

 

ただし!飲酒が原因で病気になりやすいのもこのタイプであり、飲めるからと言って飲み過ぎるとアルコール依存症になったり、肝臓や膵臓が悪くなっちゃいます。

 

休肝日をもうけるなどして、飲み過ぎないよう注意しましょう。

 

 

ALDH2低活性型

 

肌が10分後に赤くなる

 

ガーゼをはがした直後は変化ないが、10分後に赤く変化した人は、ALDH2酵素の働きが悪いです。

 

つまり、体内でアルコールを分解する力が弱いタイプです。

 

飲酒すると頭痛や吐き気を引き起こすことがあります。

 

無理してお酒を飲む事はないですが、付き合いでどうしても飲まなければならない時は、少しだけにしましょう。

 

水やお茶を間にはさみながら飲むと酔い方がマシになりますよ。

 

 

ALDH2不活性型

 

肌がはがした直後に赤くなる

 

残念ながら、このタイプの人はお酒が飲めません!

 

勧められても断るようにしましょうm(_ _)m

 

 

ちなみに、日本人の割合は、以下のようになっているみたい。

 

 

 

PS.

 

あなたはどのタイプでしたか?

 

ALDH2不活性型だったら今後の人生で一切のお酒を諦めなければならないのでしょうか?

 

それは違います。

 

仮に下戸だったとしても、お酒を楽しむ権利はあります。

 

下戸を治す方法、酒に強くなる方法があるとすれば、試してみる価値はあると思います。

 

アルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり 二日酔いにもならなくなった極意